相手が浮気をしているのではないかと疑ってしまった場合、二人の関係を維持していくことは
難しくなってしまいます。

はっきりと、相手が浮気をしていることがわかっていてお互いの関係が冷めているというのであれば、
それほど大きな問題にはなりませんが、浮気の事実によって今後の動向が変わるという時には少し話
が変わってきてしまいます。

浮気がなければ別れる気がないという場合であっても、浮気を疑いながらでは関係を維持していく
のが難しくなってしまいます。

そこで、そのような時には事実関係をはっきりとさせるためにも、探偵に浮気調査を依頼することが
一番です。

探偵に浮気調査を依頼して事実関係をはっきりとさせることで、その後の方向性を決めやすくなる
ものですし、何もなければないで不安を解消することができます。

しかし、注意が必要なのは浮気調査というのは多額の費用が必要となるだけに、望む答えが返って
こないと納得行かないという状況もでてしまいます。

特に浮気をしていると強く思い込んでいて、調査の結果浮気の事実が無かった場合、探偵が騙して
いるのではないかと不信感をもってしまうことがあります。
しかし、探偵の仕事というのはあくまでも事実を調査することであり、依頼人の望む答えを持って
いくというものではありませんから、浮気の事実がなければ無いと報告するしかありません。

そこで、そのようなトラブルを回避するためにも浮気の有無にかかわらず、調査をしっかりとした
証拠を提出するように報告書の内容を事前に決めておくようにすると良いでしょう。